FC2ブログ
ジュークボックス365 Side-B
JukeBox365は日替わりでカリッカリにEggsplorer Likeなナンバーを紹介するブログのB面
Three Dog Night - Joy To The World
いやー相変わらずパンパカパーンなサウンド
前回、Show must go onをアップしたんだけど
別の趣ながらやっぱりポッポリポンポンポーン(爆)
でもメインのボーカルはマジでカリッカリ
爽快感ではピカ一じゃねェかな

Three Dog Night - Joy To The World

ただ曲作り、アレンジはいずれも逸品
コンセプトの確かさを感じさせる
いわゆるバンド音楽じゃないんだけど
バンドアンサンブルはナイスだね
プロらしい仕事もたまにゃいいよね♪


Three Dog Night - Joy To The Worldの入ってるCDはこちら

スポンサーサイト



John Cougar - Jack and Diane
A面とは両極と言っていいほどの対照だろう(爆)
この曲が納められているアルバムも
「American Fool」
語感的には「アメリカ流のバカ」って感じかな
歌詞も居直りモード全開で
「オレはこれでいいんだ。これがオレなりのベストの人生だ!」
(何が悪い?)
何が悪いとまでは言ってねェけど、何かそう聞こえてくる(爆)

John Cougar - Jack and Diane

単純な自己主張に迫力がありすぎて
半ばお仕着せになっているこの歌
でも、おれ的にはイイ♪
悪くなれないタイプかな
近くにいるとうっとうしいかもだけど(爆)


John Cougar - Jack and Dianeの入ってるCDはこちら

Ray Charles - Georgia on my Mind
若い頃からすっげんだけど
この歌はあまりにもスタンダードとして盤石なんで
ちょっと躊躇した♪
でもまあ、ド真ん中でもイイものはイイ
アップするものはアップする
それこそが当ブログのモットーだ
..ちょっと頼りない操だな、おれ♪

Ray Charles - Georgia on my Mind

メロに入って最初のバー2本
1-7-3-6って振るのがどうもジャズでは定番だけど
元は、1-3てなぐあいに存外すなお
が、不思議なことに、この方が哀愁が濃い
ブルーも気をつけたいね
聴く側を考えずに手グセでいくのはよくねェよ


Ray Charles - Georgia on my Mindの入ってるCDはこちら

Jimi Hendrix - Burning Of The Midnight Lamp
今ひとつメジャーな歌じゃねェんだけど
20世紀の精神危機を凝縮したような歌だ
ドストエフスキーの言葉に
扉一枚向こうの卑劣漢ってのがある
それが他人事じゃなく
まさしく自分たちのことだってな
暴露のような
呪いのような歌がこれだ

Jimi Hendrix - Burning Of The Midnight Lamp

人間性の危機は孤立から来ている
歌の中で発される一つのつぶやきが
放送禁止の嵐を呼んだ
Loneliness is such a Drug...
まあ曲といい歌詞といい、イイとか悪いとかってより
タマラン一曲だ


Jimi Hendrix - Burning Of The Midnight Lampの入ってるCDはこちら

Led Zeppelin - Misty Mountain Hop
ロックンロールの継承者はAC/DCだなんて前に書いたから
今日もカテゴリ迷ったんだけど
地味頁が地球の裏側で泣いてっかも知んないから
しょうがなくロックンロールで載せてやったよ(爆)
にしても、いや~70年代炸裂のメロと歌詞の厭世感
じつは黒犬と1、2を争うほど好きなんだよね、このバカな歌が♪

Led Zeppelin - Misty Mountain Hop

あいかわらずボンゾ最強だよ
あのドラムを聴くだけのためにZeppelinは聴いてもイイくらい
ちなみに英語ではゼッペリンという
ツェッペリンは、由来の風船名であるドイツ読みから
ついそう発音しちゃってんじゃねェかな♪
憶えておくとイイよ、アイラブ・ツェッペリンとかいって
変な顔される前に(笑)


Led Zeppelin - Misty Mountain Hopの入ってるCDはこちら